京都の友禅染体験とマンガミュージアムに行ってきました

生徒と共に京都の友禅染体験とマンガミュージアムに行ってきました。

課外活動

友禅染体験とマンガミュージアムは関連性は特にありません。

しかし場所としてはとても近く、地図を見ながら場所から場所へと移動する練習にはうってつけでした。

友禅染体験

5~6年前ぶりの友禅染体験です。今回も丸益西丸屋という店ですが、以前来た時よりも、全体的にこじゃれた雰囲気になった気がします。

奥まった所に店が設けられていることで不思議な空間が作り出され、京都ならではの雰囲気がかもしだされています。生徒達はそんな不思議な空間にドキドキしてました。

友禅染は一見難しそうですが、工程が分かりやすいようになっています。

ある生徒は龍を描きましたが、写真にあるように龍が描かれた板に番号がふってあって、その順番通りに色を染めていけばいつのまにか完成します。

何に染めていくかはいくつか候補があり、ハンカチ、うちわ、扇子の中から選択してもらいました。最初の一人がうちわを選んだ影響からか、一人を除いて、ほぼ全員うちわを選択しました。

まずはスタッフの説明から始まるのですが、ちゃんと聞いていない生徒がほとんどです。なので、後で質問をするからと伝えると、皆しゃきんと聞く姿勢になりました。説明の後、「はけはどれ?」「染料はどれ?」「はけに染料をつけてから次はどうする?」といった感じで2択形式で質問しました。

いざ始めると私が思っていた以上に皆理解していました。幼児は自分ルールが発動して、説明通りにしないこともありましたが、概ね出来ていました。

はけを使って染めていくのですが、はけに付いた染料がかすれるぐらいしてから、枠内を染めていきます。生徒達は『かすれる』という言葉と状態がいまいちピンとこなかったですが、『色が薄い状態』のことを伝えると理解できました。

スタッフ達に指導を受けながら約1時間半。全員完成しました。

カラフルでカッコイイですね。生徒的にもう少し付け加えたかったようですが、時間の関係で無理でした。でも、十分な出来です。

せっかくうちわを作ったのだから、夏に使用して欲しいですね。

京都国際マンガミュージアム

丸益西村屋から徒歩7分ぐらいの距離にマンガミュージアムがあったので行きました。

漫画にあまり親しみがない生徒達だから、いくつか指令を言い渡して目的を持って行動できるようにしました。「大きくて動かない鳥の名前は?」「紙芝居に出てきたキャラクターの名前を先生に伝える」といった指令です。

「大きくて動かない鳥の名前は?」の答えはすぐに分かりました。小さなプレートがその鳥の側に貼られていたためです。答えは「火の鳥」。しかし、答えを「オブジェ」と言った生徒もいました。「火の鳥のオブジェ」と書かれていたためです。学びがいのある良い間違いをしたので、オブジェとはどういうものかを説明しました。

紙芝居はいいタイミングに始まりました。5~6年前に行った時はおじさんが紙芝居を読み上げるだけだったのですが、今回はお姉さんで、クイズをしたり、景品をくれたりと、子ども達を楽しませる要素がたくさんありました。また、可愛い水飴なんかも買えました。

水飴がこぼれないように、ミルクせんべいに挟んで生徒は食べました。水飴初体験らしく、ベタベタした感じと食感に驚いていました。いい経験をしたと思います。

紙芝居について聞くと、お姉さんのキャラクターが強烈過ぎて、紙芝居の内容があまり記憶に残っていませんでした。それは無理もないです、私もなのだから(笑)

余談ですが、紙芝居のお姉さんには固定ファンがいるらしいです。どういうキャラクターか気になる方は、ぜひ一度見に行ってみてください。面白いですよ~。

関連記事

  1. 関西で最長のジップライン【大阪府豊能郡能勢町宿野】
  2. 大阪のイングリッシュビレッジで英会話体験
  3. 岐阜県の観光名所めぐり
  4. うさぎ島へのアクセスと楽しむ方法(広島県竹原市忠海町)
  5. ネスタリゾート神戸の日帰りプラン【兵庫県三木市細川町垂穂】
  6. 保津川のラフティングがおすすめ!!
  7. 達成感を味わう方法
  8. 神戸市立ポートアイランドスポーツセンターでスケートをしてきました…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ひだち教室 Facebook

PAGE TOP