忍者からあげ 橘屋が菱屋商店街内にオープン【大津市長等】

今年、菱屋商店街内にオープンしたからあげ専門店です。

2018年オープンの橘屋情報

以前はステーキ屋がありましたが3月に閉店し、今年7月に橘屋がオープンしました。ステーキ屋の時は大して興味がありませんでしたが、橘屋がオープンしてからはずっと気になっていました。

教室とは逆の方向にあるので、なかなか行く機会がありませんでしたが、本日ついに行ってまいりました。

食べ方の指導が必要な生徒と共に、昼食兼食べ方練習をするために橘屋を利用することにしました。

店の看板に書かれた「からあげ専門店」の文字はどういう料理があるか分かりやすいです。分かりやすいはずなのに、日よけ暖簾に書かれた「忍者からあげ」という文字がどんな料理なのかを分かりづらくさせています。

もっとも、私にとっては「忍者からあげ」の文字が興味を持つキッカケになりました。

店に入ると、さすがオープンしたてなだけあって、とても綺麗です。

そしてたくさんの電球が天井からぶら下がっていて、少し眩しかったです。

14:30頃に行ったので、お客さんは2人ほどしかいなくて少し寂しかったですが、周りの目を気にせず、生徒に食べ方指導をできるので、そういった意味では良い環境でした。

何人か有名人が来たようで、サインが3つありました。誰のサインか少し気になりましたが、読めないので諦めました。

商店街の中にあり、真新しい外観なので、今後どんどん有名人が取材に来られ、サインもその都度増えるでしょうね。

からあげ専門店ならではのメニュー

からあげ専門店なだけあって、料理はからあげがメインです。

テーブルに置かれているメニューを見ると、3種類しか載っていないのですが、壁にかけられたメニュー板には6種類書かれていました。オープンしてから追加されたのかもしれないです。

それぞれのからあげには、定食、弁当、一品とあります。お弁当が安いのはお味噌汁がついていないからだそうです。

秘伝のタレ使用のからあげ定食

店内で食べるとなると、定食を注文するお客さんが多いです。私達も当然定食を注文しました。

写真付きのは食べた料理です。

おろし大根わさびソースが使われたからあげ定食 750円。弁当 650。一品 550円。

明太マヨが使われたからあげ定食 750円。弁当 650円。一品 550円。

鳥カツ定食 700円。弁当 600円。一品 500円。

忍者からあげ定食 700円。弁当 600円。一品 500円。

これを食べずして、何を食べる!という気持ちだったので、悩むことなく注文しました。

定食が運ばれてきた瞬間、驚きました。忍者からあげの数が多い、お味噌汁の器が大きくて十分入っている、スパゲティーまでついており、全体的に量が多いです。

普通、添えられるスパゲティーは申し訳程度の量しかないものですが、お皿の1/4を占めるのでその多さが分かると思います。

さて、肝心の忍者からあげの味です。衣は軽いサクサク感で噛んでいて楽しかったです。

使われている秘伝のタレは甘目ですが、しつこい甘さではなく、ご飯がすすむちょうどよい甘さです。

1個のからあげに対して、ご飯を3口入れられるので、ご飯のおかわりは必須だと個人的には思います。

タルタル南蛮定食 750円。弁当 650円。単品 550円。

忍者からあげ定食と同じく量が多いです。生徒が注文し、食べきれるか若干心配しましたが、それは杞憂でした。むしろ、おかわりをしました。

忍者からあげと交換してタルタル南蛮を食べたのですが、1個だけだと甘酸っぱくてしつこくない味です。しかし、2個目を食べると味が濃く感じました。

南蛮漬けだけでも十分味がするのに、そこにタルタルがかかっているので、味の濃さが倍増、いや、3倍増です。

もっと食べ続けたら口の中はどうなっていたか・・・。

1個程度ならお勧めしますが、お年寄りや薄味に慣れた人にはあまりお勧めできないです。

もっとも、濃い味を好む人や若者、特に体育会系の人にはうってつけの料理と言えます。

油淋鶏からあげ定食 750円。弁当 650円。一品 550円。

一品料理として注文しました。

油淋鶏独特の香ばしい匂いで食欲をそそられます。

食べてみると、ネギがかなり主張してきて美味しいのですが、ネギ嫌いには少し抵抗があるかもしれません。

十分美味しいものの、忍者からあげとタルタル南蛮と比べると、何か物足りなさがありました。

もろみ甘みそ 750円。

もろみ特有の味がしますが、甘いみそと合わさることで、大分マイルドにな味になっています。

衣は硬めでパリパリしているので、お腹に物凄くたまります。

味付けは濃いめなので、ご飯をたくさん食べたい人にはお勧めです。からあげ1つでお茶碗一杯はいけると思います。

その他の情報として、ありがたいことにご飯のおかわりは自由です。

張り紙にも「遠慮なくお申し出ください」と書かれているので、気兼ねなく注文できます。

添え付けのスパゲティーは甘くて子供向けな感じですが、美味しいです。

スパゲティー単体で販売しても売れるのではと、個人的には思いました。

アクセスと地図


JR:大津駅から徒歩10分ほど。

京阪線:浜大津駅から徒歩10分ほど。

教室からも徒歩10分ほどの距離です。

菱屋商店街内にあるので、車で来ることは難しいです。駐車場もありません。

営業時間:11:00~22:00 無休

関連記事

  1. いとふの麩【大津市中央】
  2. MKバイキングは550円食べ放題【京都市北区上賀茂西川原町】
  3. 佐知’s Pocketのキャラメルシフォンケーキは売…
  4. 中華料理の吉勝の充実ぶりに驚き 【滋賀県大津市下坂本】
  5. 比叡 三九良の蓬餅【大津市坂本の和菓子屋】
  6. るり渓温泉でランチ【京都府南丹市園部町大河内広谷】
  7. 平安の森のランチバイキング 【京都市左京区】
  8. 箱館山のパフェ専門店 Lamp(ランプ)【高島市今津町】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ひだち教室 Facebook

PAGE TOP