道の駅安曇川(あどがわ)を公式サイトとは違った視点から紹介【滋賀県高島市安曇川町】

高島市で何かをしようとすると必ずと言って良いほど、道の駅を通ります。

夏休みに甥っ子姪っ子が来たので、びわ湖こどもの国に行く途中にも寄りました。

道の駅 藤樹の里あどがわ情報

藤樹の里は非常に大きな道の駅です。

161号線を走っていると、すぐに発見でき、その大きさからついつい寄りたくなります。

中江藤樹という陽明学者

滋賀県以外の観光客の多くは、道の駅内に立てられた大きな看板に目がいくでしょう。

そして、そこに書かれた名前にポカーンとなると思います。

中江藤樹・・・って誰?

江戸時代初期の儒学者であり、日本における陽明学の開祖です。近江聖人と称えられ、今尚尊敬されています。

陽明学の開祖という点で偉人というのが容易に分かりますが、私は違う点で偉大な方だと思いました。

それは、武士、農民、商人、職人という身分の上下を超えた平等思想を持ち合わせていたことです。

今でこそ当たり前かもしれませんが、時代を考えると平等に扱うというのは非常に困難です。

それを有言実行していたことに、私は尊敬の念を抱きます。

左は中江藤樹の少年時代をモチーフにしたゆるキャラ。

右のは知ったかぶりカイツブリというゆるキャラ。

小さい姪っ子、甥っ子は喜んで顔を突っ込んでいました。

さすが滋賀県で一番有名な芸能人。等身大のパネルが玄関に置かれていました。

施設案内

施設に入ると、天井がとても高いことに驚きます。熱がこもらない工夫なのでしょう。

また、開放感があるので、客がたくさんいるにも関わらず息苦しくありませんでした。

野菜が充実 みちくさ市場

高島市内で採れた新鮮な野菜、川魚の佃煮、お弁当や焼き鯖寿司といった特産品が揃っています。

とにかく種類が豊富。それ故、どれを買うべきかかなり悩みました。

とちもち 360円。よもぎ餅 390円。

とちもちはちょっとクセがありますが、人気のあるお餅です。

ただ、個人的にはよもぎもちの方が好きだったりします。

こういった餅シリーズは牛乳と一緒に食べるのが私のスタイルなのですが、とちもちは牛乳と合わず、よもぎもちは合いました。

あくまで個人的な感想なので、とちもちが好きな人も多いです。

ライ麦パン 380円。

ライ麦パンと聞くと、子供の頃に読んだナポレオンの伝記(漫画)を思い出します。

ナポレオンはライ麦パンをよく食べたそうで、子供ながら食べてみたいとずっと思っていました。

大人になってから初めて食べましたが、そのままだと味は美味しいとは言い難い。しかし、健康に非常に良いとのこと。

美味しくないと言いますが、焼くと香ばしい匂いを漂わせ、バターを塗って食べると美味しいです。

ここのライ麦パンも美味でした。

アドベリービネガー 中 870円 大 1190円。

水やサイダーで飲むのも良いし、ドレッシングなど料理にも使えるので便利です。

あゆの甘露煮 1000円。

尾頭付きの魚はあまり買うことはありませんが、よく見かけますね。

果物のわらび餅 150円。

わらび餅というより、ゼリーです。

果汁が入って甘いので、ゼリーと言って渡されると少し固めのゼリーという認識で食べ終えると思います。

因みに、お勧めはブルーベリーです。

まくわうり 300円。

ウリ科キュウリ属に分類され、メロンの仲間で野菜です。

野菜なのでメロンほど甘くはないが、さっぱりした味なので、生で食べることを勧めています。

なかなか食べる機会がないので、一度お土産に買ってみるのも良いでしょう。

農家レストラン 大吉grill牧場

地元のお米や野菜、近江牛を堪能できる老舗です。

私はそうとも知らずに、農家レストランという響きだけで入りました。

近江牛ハヤシライス 1290円。

サラダとジュースががついたセットです。

近江牛を薄くスライスした肉にトマトの酸味が効いています。

薄くスライスされているので、甥っ子は食べやすかったようですが、思った以上にご飯の量があって残してしまいました。

普段なら食べきれるのにどうして?と不思議に思っていたら、セットでついてきたジュースでお腹が膨れてしまったようです。

小さいお子さんが食べる場合は、ジュースのことを念頭に置いて、ご飯の量を調整した方が良さそうです。

近江牛すき焼き重 1890円。

近江牛を大吉特製の割り下で炊き上げたすき焼きを、温かいご飯の上にのせたお重です。

近江牛は歯ごたえがあるよう、ハヤシカレーよりも厚めにスライスされています。

大人の味で濃いめで、甘じょっぱい味がネギによく染みてご飯がすすみます。

はっきりいって、近江牛よりもネギの方が美味しかったです。

近江牛コロッケ 400円。

なかなか大きいコロッケです。

味は可もなく不可もない味でした。近江牛を感じられなかったのが残念です。

安曇川キッチン

フードコートに見えますが、レストランです。

高島市の水と土で育った美味しいお米と野菜を使用しています。

安曇川産のアドベリーを使ったドリンクやフロートがあり、子供に人気。

まだここで食べていないので、食べたらアップします。

とりあえず気になっているのは、高島発酵・お肉定食と高島カレー。

どんな料理なのか、早く食べたいです。

アクセスと営業時間


JR:湖西線 安曇川駅から徒歩10分。

駐車スペースは広いです。

道の駅 開館時間:9:00~18:00

大吉grill牧場 営業時間:11:00~18:30

安曇川キッチン 営業時間:9:00~17:00

休館日:第二水曜日。祝祭日の場合は翌日休館。

電話番号:0740-32-8460

関連記事

  1. ラ コリーナ近江八幡は混雑しても行く価値あり!【滋賀県近江八幡市…
  2. 大塚国際美術館は体力が必要【徳島県鳴門市】
  3. フリマが人気のガレリア亀岡【京都府亀岡市余部町】
  4. ひこにゃんは日々多忙なスケジュールをこなしています【滋賀県彦根市…
  5. 水生植物公園みずの森には図鑑を持っていこう【草津市下物町】
  6. 夢京橋キャッスルロードで食べ歩きしたい人は計画的に【滋賀県彦根市…
  7. 琵琶湖博物館が2018年にリニューアルオープン!【滋賀県草津市下…
  8. サイクリングによる効果はダイエットだけじゃない!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ひだち教室 Facebook

PAGE TOP