お食事処 アケミの洋食料理は懐かしい【滋賀県大津市長等】

菱屋町にあるアーケード商店街が少し外れた所に、地元の方に愛されるお食事処があります。

アケミ情報

昭和の雰囲気を漂わせる店構えで、昭和生まれの人間としては懐かしさを感じました。

だからといって気軽にパッと入れるかと言えばそうでもなく、気難しい店主がいて怖いのでは?という考えが浮かんでしまって、少し躊躇してしまう自分がいました。

店前でしばらくまごまごしてしまいましたが、意を決して入りました。

まさに絵に描いたようなTHE食堂です。長いカウンター席が店内の端から端まで繋がっていて、全部で15席あります。

雑誌、漫画、新聞等が置かれていて、小さなテレビが店の奥の方に置かれています。テレビは客用というより、スタッフ用といった感じです。

広いキッチンで少し強面の店主が料理を作っていました。店主は60歳は軽く越していると思いますが、背筋はピンとしていて、実際の年齢よりも若く見られるタイプでしょう。

若者のようにテキパキ作っているというより、ゆったりとした動作で作っていて、一見遅いのかと思いきや、無駄な動きがないために料理が出来上がるのは早かったです。

店主は樽生ビールの品質管理に関する知識・技能を習得したようで、サッポロビールからの修了証明書が壁に飾られていました。

建物から察するに長いこと地元に貢献しているだろうと思い、どれぐらい店をやっているかと尋ねました。

すると、店主は嬉しそうな表情をして答えてくれました。破顔一笑とはこのことで、ギャップの振れ幅が大きい方です。

現在の店主(2代目)は40年以上、初代からだと60年以上店をやっているとのこと。予想以上に歴史のある店です。因みに、初代は店の奥の方の椅子に腰かけながらテレビを見ていました。

大津市で長く店をやっていると、大津市の歴史に詳しく、色々教えて頂けました。

大津市は一時は歓楽街として賑わっていましたが、時代と共に廃れてしまい、一部の区画にその名残を残すのみだそうです。確かに、浜大津周辺を歩いているとそれらしい建物が残っています。

自虐ネタになっていますが、大津市は寂れている県庁所在地TOP3に入っているそうです。カラカラと笑いながら話してくださいましたが、どこか寂し気でした。

大津市が変貌を遂げ始めたのはここ20年ほどで、琵琶湖沿いに高層マンションが出来始めました。どこまで大津駅周辺にまで波及するかは不明ですが、少し光が見えてきてるようです。大津市で色々なイベントが開催されているのも、より強い光にするためでしょう。

勉強になる雑談をしながら食事を楽しむことができました。大津市の歴史を学ぶなら、ここです!

12時を過ぎるとお客さんがたくさんやってきて、あっという間に席が埋まります。店主とゆっくりお話しをするなら、昼時を避けて来ることをお勧めします。

写真付きでメニューをチェック!

お酒もありますが、ランチは主に定食と単品料理です。食べましたら、随時写真付きで更新します。

定食と単品料理情報

定食はごはん、味噌汁付き。大きいサイズのご飯はプラス150円。定食料理を単品で注文する場合は100円引き。

国産豚肉生姜焼き定食 1350円。

焼肉定食(U.S.牛) 1100円。

国産ロースとんかつ定食 1000円。

ハンバーグ定食 1000円。

チキンカツ定食 940円。

じゃがいもコロッケ定食 730円。

ミンチオムレツ定食 820円。

店だけでなく、料理にまで懐かしさを感じさせてくれるのが、このミンチオムレツ定食です。

オムレツは持つと崩れる程トロトロしていて、お箸を上手く使えないと食べるのに苦労すると思います。

一口食べると、ご飯が欲しくなります。というのも、少ししょっぱめに作られているからです。

オムレツのイメージは甘目でしたが、ここではご飯のおかずになるように考えられているのでしょう。おかげで、ご飯が進みました。ただ、ご飯の量が多いです。量をあまり食べない人は予めご飯を少なめと言っておくことをお勧めします。

漬物はカブか大根だと思うのですが、変わった味でした。最初は甘く感じるのですが、後味はしょっぱいです。

ミニサラダ 350円。

オムライス 660円。

オムライス 660円。大は850円。

大食らいの私が通常サイズで足りるわけがありません。卵が2個使われている大きいサイズのオムライスです。

昭和の代表料理と言えるオムライスは、見た目は何の変哲もありません。しかし、いざ食べてみると外だけでなく中もしっとりしていて、女性に好まれる食感と味付けです。

ケチャップはそれほど濃くないのを使用しているようで、口にしつこく残るようなことがなかったです。そのため、途中で飽きることなく完食できました。

かつ丼 940円。

デミグラスソースがかかったカツ丼。

一口食べると、普通のデミグラスソースにはない味がしました。

おそらく隠し味として味噌が使われているものと思われます。

肉は甘くて柔らかく、明らかに良い肉を使っているのが分かります。

薄い衣なので、女性にも食べやすいかつ丼です。

錦糸丼 1080円。

焼きそば 600円。

あまり美味しそうに写真が撮れませんでした。でも、騙されないでください。美味しいです!

あんかけ焼きそばに使われる麺のように、麺がパリパリしていて香ばしい。

塩焼きそばなので、ソース焼きそばと比べて味付けは濃くないものの、ちょうどよい塩加減です。

もやし、肉、キャベツの焼き具合も絶妙で、野菜炒め定食として出しても良いと思いました。

U.S.牛モモカツレツ 1650円。

豚肉和風ステーキ 1400円。

鶏からあげ 700円。

衣はサクサクで香ばしく、一口サイズに切ってあって食べやすいです。

スーパーで売っているような鶏からあげとは違い、しっかりとタレにつけこまれた味がしています。

一つ一つの味が濃いので、ビールのつまみには最適です。白ご飯にも合っているのでしょうが、一緒に食べていたオムライスとは相性がいまいちでした。

ハムサラダ 700円。

地図とアクセス

JR:大津駅から徒歩15分程。

京阪線:浜大津駅から徒歩5分。

車で行くには不便です。店の前に車を置くことはできません。

駐車場はありませんが、2000円以上食べると、近隣のナカマチパーキングの駐車券を頂けます。

営業時間:ランチ 11:30~14:00 ディナー 17:00~21:00。

定休日:水曜日。火曜日が休みになることがたまにあるそうです。

関連記事

  1. 北山の東洋亭でランチ【京都市北区上賀茂岩ケ垣内町】
  2. 肉食堂 最後にカツの肉カレー【大津市末広町】【大津市島ノ関】
  3. いとふの麩【大津市中央】
  4. 大津駅にある金亀庵の蕎麦を食べよう【滋賀県大津市春日町】
  5. 来来亭の膳所店は笑顔が溢れています【大津市馬場】
  6. しろくま(大衆食堂)に寄ってから三井寺へ行こう 【大津市浜大津三…
  7. インスタントラーメンは健康を意識して食べましょう
  8. ヴェリーベリーカフェ(very berry cafe)を写真で紹…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ひだち教室 Facebook

PAGE TOP