人柄が良いことは重要です

今日は教室の鍵を受け取る日なので、不動産屋の担当者に会うために、車で教室へ行きました。

教室へ行く前に、ある方に本棚を貰いうけるために伏見に寄り、本棚を車に乗せてから大津市へ向かいました。

伏見から大津への行き方は知らないので、ナビを頼りに運転していたのですが、渋滞を避けるためなのか、本当に近道なのかは分かりませんが、大きい道路は通らずに、狭い道路ばかりを案内してきました。

住宅街の道を案内された時はとても不安になりましたが、最終的には見覚えのある国道143号線に辿り着き、ホッとしました。

不動産屋の担当者

車を駐車場に置き、教室に入ると不動産屋の担当者と会ったのですが、ジャージ姿で疲れた表情をしていました。普通ではない様子だったので、一体何をしていたのかを聞くと、エアコンの掃除をしていたとのこと。それって不動産屋がする事なのか?と疑問に思いました。

しばらくしたらオーナーさんもやって来て、担当者も交えてガス管の事や水道管について色々話をしたのですが、契約前に聞いてないぞ!?という事をいくつか聞かされ、若干憤りを覚えました。しかし担当者もオーナーもとても人柄の良い方で、怒る気にはなりませんでした。むしろ、どういう対処をしてもらえるのかを冷静に話ができました。

お世話になっている担当者は本当に人柄が良い方です。物腰が柔らかく、聞き上手でもあります。さらに知識が豊富で引き出しが多く、提案力も非常に高いものがあります。こういう人と巡り合えたのは本当に運が良いです。

今回エアコンについて色々あったのですが、それに対していくつか提案をしてくれました。不動産屋がそこまでしてくれるの!?と思えることをしてくれることになったので、感謝の気持ちしかありません。

私は4回引っ越し経験がありますが、親身に対応してくれた人は今までいましたが、一生懸命汗をかく人は初めてです。やはり言葉よりも行動で示してくれる人の方が信頼できますね。

人柄+α

どの業種もそうだと思いますが、関連する分野の知識があるのは当然です。しかし、知識があるからといって信頼できるかと言えばそれは違います。

まずは人柄が重要です。そして+αの何かによってこの人は信頼できると思えるようになります。

その+αは人の価値観によって変わると思うのですが、私は言葉よりも行動で示してくれる人は信頼できると思えるタイプです。きっと私みたいなタイプは多いのではないでしょうか?

仕事をしていて、子育てで悩まれている方に対してアドバイス(言葉)をするよりも、私自身が実際行動で示した時の方が保護者から強く感謝され、信頼を得られたと感じます。

※ここでいう「行動で示す」の定義とは、【子どもが悩んでいる時や子どもの気持ちが上がってきているといった、変化の兆候が表れ出した大事な時に行動を起こす】ことを言います。

行動で示すというのはとてもエネルギーが必要です。エネルギーを使い過ぎてグッタリしてしまう事も多いと思います。それ故に行動で示すというのは敬遠されがちになるのでしょうが、見返りはとても大きいです。保護者から信頼を得られるだけでなく、子どもの変化が目に見えて分かります。教育者をしていて良かったと強く思える瞬間です。

私はそういう瞬間を何度も得たいので、行動で示す教育者であり続けようと思っています。いや、思うではなく、あり続けます!!

関連記事

  1. 対応力が身に着くと、仕事や日常生活能力が向上してくる
  2. 価値観を知る
  3. 漢字の勉強方法を知って得点アップ!
  4. 職場での人間関係を改善するには
  5. 正義と悪の違いを教えるのは簡単なようで難しい
  6. 誤解されやすい人
  7. かぼちゃのランタン作り
  8. 英語の勉強法は様々です

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ひだち教室 Facebook

PAGE TOP