味覚がおかしいと言われることはありますか?

生徒共に外で活動をしていると、必然的に一緒に食事をする機会があります。

ある生徒と共にラーメン屋に行った時のことです。

私は醤油ラーメンを注文し、その生徒は私とは別のラーメンを注文しました。そのラーメンの名前は○○(地域名)ラーメンと書かれていて、何の味かは分かりません。そこで、生徒が食べてから何味なのかを聞きました。すると、生徒はこう答えました。

「何味か分からへん。そういうことは分からない」

とても驚きました。見た目は味噌っぽいのですが、それが分からない。ラーメンはラーメンであって、それ以上でもそれ以下でもないということです。

発達障がいの子どもは感覚が過敏だったり、逆に鈍かったりします。講演会等で味覚が鈍麻な人もいるとは聞いていましたが、その時初めて目の当たりにしました。数年前の話です。

今はその子どもはいませんが、他の生徒でも時々「あれ?」と思うことがありました。

そこで、味を知る、表現方法を知るということをねらいとして、『ラーメンの味を当てられるかなゲーム』をしました。

ラーメンは3種類

3種類のカップラーメンを用意しました。Aと書かれた紙の上に塩ラーメン、Bの紙の上は醤油ラーメン、Cの紙の上に味噌ラーメンです。

生徒達には別部屋に待機してもらい、それぞれのコップに麺とスープを少量入れて、何のラーメンか分からないようにしました。そして実食!

麺とスープをしっかりと意識しながら食べます。そして、予め配っていた表(A、B、Cと書かれている)に各自が思う味を記入してもらいました。

全員自信がないようで、何度も試食し、首をかしげる様子が度々見られました。数分後、各自発表のためにホワイトボードに書いてもらいました。

生徒が導き出した答え

カッタ君(仮名)の答え:A(塩)は野菜の味、B(醤油)はシーフード味、C(味噌)は中華味。

シッタ君(仮名)の答え:A(塩)は塩味、B(醤油)はカレー味、C(味噌)は出汁味。

パッタ君(仮名)の答え:A(塩)はシーフード味、B(醤油)は味噌味、C(味噌)は塩味。

唖然としました。何味かという情報を味覚や嗅覚で得にくいだけでなく、視覚からも情報を得にくいことが分かりました。というのも、ラーメンには具材やスープも入っていて、視覚からの情報もあるからです。実際、食べたり、匂ったり、じっと具材を見る様子も見られました。

単純に味覚が鈍いというだけでなく、情報を統合して推測する力が弱いのが原因だと私は考えています。

それならばやることは一つ。ヒントを与えながら一つ一つ情報を精査してもらい、その上で情報を統合して考えさせ、答えを導き出させることが私の役割です。そう思い、ヒントを出そうとしたら、つい脱線してしまいました。続きは次回です!!

関連記事

  1. 職場での人間関係を改善するには
  2. 先生と保護者の隔たり
  3. 選択肢を広げるには経験が必要
  4. 絵の描き方を本やアニメからではなく体感して学ぶ
  5. 子どもに大人気テーブルゲーム
  6. 出来ない理由に気が付く方法
  7. 中学で不登校をした子供への対応
  8. 発達障害を理解するよりもその子の特徴を理解してくれる方が大切

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ひだち教室 Facebook

PAGE TOP