アイススケートを子供に教える方法【滋賀県立アイスアリーナ】

アイススケート指導に自信のあるひだち教室長の安藤です。

冬なので、冬スポーツにチャレンジ!

ということで、生徒達をアイススケートに連れて行きました。

年齢の高い生徒達は既に滑られるようになっているので、年齢の低い生徒達のみの参加です。

A君(小学校中学年):明るく元気。ムードメーカー役。

Bちゃん(年中さん):本好き少女。不安先行タイプだが、経験すると飛躍的に伸びる。

J君(小学校低学年):自転車大好き。会話を二倍三倍面白くする力がある。

アイススケートの指導方法

自分は滑れるけど、指導となると出来ないと言う人は意外と多いです。

頭を打つ可能性があるから教えるのが怖いという言葉も聞きます。

発達障害の人の中には、運動が極端に苦手な人や感覚に問題を抱える人もいます。

そのため、教えたくても二の足を踏んでしまうという保護者も多いです。

不安になる気持ちはよく分かります。

しかし、たった二つのことを教えたら誰でも滑られるようになります。

・滑らずに歩く

・いっぱいこけたら上手くなる

アイススケートなのに滑らずに歩くとは、不可思議かもしれません。

実はこれが一番効率的な指導法で、子供のチャレンジ精神をくすぐります。

子供は練習で歩いていると、物足りなくなって滑ってみようかなと思うようになり、少しだけチャレンジするようになります。

すると、意外と怖くない・滑れると手応えを感じ、勝手に一人で頑張りだします。

そこまでの段階にいくと指導者はお役御免。後は見守りに徹します。

一人で練習していると、必ずこけます。

しかし、「いっぱいこけたら上手くなる」を信じ込ませているので、めげることはありません。

こけるというのは足を前に出せている証拠でもあるので、滑れるようになる過程で必須。

だからこそ、「いっぱいこけたら上手くなる」のです。

滑れない理由

アイススケートの練習をしても滑れない理由は二つあります。

・滑るものであるという思い込み

・こけたら痛いという恐怖心

フィギュアスケートなどを見ていると、アイススケートは滑るものと思い込まされます。

間違いではないですが、練習も滑るところからスタートというのは間違いです。

むしろ子供に恐怖心を植え付ける結果になります。

こけたら痛いのも事実。

だから「こけたら痛いから気をつけや」という言葉がけを自然と言ってしまいがち。

これも恐怖心の植え付けになっています。

滑れない子供というのは、大人の価値観の植え付けによって滑れなくなっているのです。

指導をする時は、大人の価値観を植え付けないことがポイントです。

アイススケート大好き

昔A君はアイススケート教室に少しだけ通ったことがあるそうです。

その時は結局滑れず、それから数年が経って、私の指導を受けることになりました。

A君には恐怖心はなかったですが、滑れないという思い込みがありました。

練習を始める前に、A君を含めた生徒達に伝えました。

私:「ひたすら歩いて」

私:「いっぱいこけなさい。そしたら上手くなる」

A君:「滑らなくていいの?」

私:「いいんです!」

A君は歩くことに驚いていましたが、言われた通り歩き続けていました。

そして20分後、いつのまにか歩く→滑るに移行していました。

滑りっぷりも豪快で、こけ方も豪快なA君。

こける度に痛がっていますが、それすらも楽しさになっていました。

もう私の指導や勇気づけは必要ありません。勝手に上達していきます。

帰る準備をしていると、A君はニコニコしながら私に言いました。

A君:「アイススケートが大好きになった。また親と一緒に来よう!」

滑れるようになったA君は自信に満ち溢れていました。

予想以上に早く上達してビックリ!

幼児の場合は時間が少しかかあります。

スケート靴を履き、まっすぐ立ち、歩く。

これは幼児にとって非常に難しく、泣き出したり弱気になる子供も多いです。

ところが、Bちゃんは一度でスクっと立ち上がり、スタスタと歩けました。

これには私もビックリです。

さらにもう一つ驚いたのは、最初から壁と身体の間に空間があったこと。

初めての子供は恐怖心のあまり、身体を壁に密着させて練習します。

ところが、Bちゃんは「こわい~」と号泣しながらも、身体は壁から離れていました。

手すりを持ちながら歩き続けること20分。

手すりから手を離して、私の所に歩いてくるように言うと、手を離して歩き出しました。

こけないようチョコチョコと歩きます。

それが出来たら仕上げです。

私:「もっと足を上げて~」「今のしっかりと足が上がってた!」

具体的な指示と褒めを繰り返していくと、Bちゃんの歩幅が大きくなりだしました。

すると、歩くではなく滑っている様子が何度か見られるようになりました。

上達してきたという実感がわいてきたBちゃんは、一人で練習するようになりました。

一人での練習中に何度もこけていましたが、怖がる様子はありません。

「いっぱいこけたら上手くなる」を信じ込ませることに成功していたからです。

後は経験していけば勝手に滑れるようになります。

恐怖心さえぬぐえばできる!

J君は壁に身体を密着させながら練習していました。

恐怖心があることは見て分かりますね。

足を高く上げることを意識させながら、ひたすら歩く練習。

バランス自体は悪くなかったので、10分経過したあたりで、手すりから手を離して歩いてもらいました。

案の定、歩けました。

しかし、恐怖心はなかなか拭い去れず、チョコチョコ歩きが長く続きます。

チョコチョコ歩きだとこけることはありませんが、滑るようにはなかなかなりません。

終盤では両足でスーと滑る場面が見られるようになりましたが、こける回数は2回だけ。

こける回数が少ないというのは、上手いからではなく、恐怖心が残っていることを表しています。

J君はもう少し時間がかかるかなと思っています。

負の思い込みが最大の敵

上の画像は、滑れる段階に近づいていたBちゃんの様子です。

突然「怖い~」と言い出してへたり込みました。

その理由は、他のお客さんの発言を聞いたため。

他のお客さんA:「怖い!めっちゃ滑る!!」

他のお客さんB:「滑るから無理やって!!!」

と言いながら、キャーキャー騒いでいたのです。

それを聞いたBちゃんは、『滑る』『怖い』『無理』と思い込むようになったのです。

Bちゃんは負の思い込みから脱却するのに時間を要しました。

それがなかったらもっと早く上達したかもしれません。

発達障害あるなしに関わらず、人の影響を受けやすい子供はいます。

年齢が低いほど影響を受けやすいので、指導者は常に負の思い込みをさせないよう配慮が必要です。

ひだち教室では、生徒の「やってみたい!」という気持ちを大切にし、新しいことにもチャレンジしてもらいます。出来ないことが出来るようになるよう、具体的で簡潔な指示を出しながら全力でサポートしています。

活動に関するご質問、お問合せもお気軽にどうぞ。

>>>お問合せフォームへ

アクセスと地図


JR:瀬田駅からバスに乗車。アイスアリーナ前にて下車。

駐車場:あり。151台駐車できます。

営業時間:10:00~17:00

高校生以下の料金:平日 600円 休日 750円

大人の料金:平日 1300円 休日 1700円

靴レンタル代:400円

障害者手帳や療育手帳を持っている方は5割引き

電話番号:077-547-5566

関連記事

  1. 幼児と小学生が一緒にできるソーシャルスキルトレーニング
  2. 滋賀県で発達障害者への就労支援
  3. 大阪市内のレンタルスペースにはキッチン付がたくさんあります
  4. 松ぼっくりクリスマスツリーをワンランク上にする方法
  5. 発達障害と言葉のトレーニング
  6. 絵の描き方を本やアニメからではなく体感して学ぶ
  7. 敦賀市で海釣り~誰も気づかなかった誤学習の発見~
  8. 味覚がおかしいと言われることはありますか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ひだち教室 Facebook

PAGE TOP