言葉が遅い子どもの原因と指導方法について

保護者様が子どもに対して「あれ?」と気づき始めるのは、言葉の遅れが多いです。

以前の職場でも、幼児の子どもをお持ちの保護者様が教室に来るキッカケは、言葉の遅れを感じるからが多かったです。

発達障がいがある子どもを対象とした教室だったので、言葉の成長がゆっくりな子どもは多かったですが、程度は様々で、喃語が出ている子どももいれば、「うにゃにゃ」と謎の言葉を言い続ける子ども、全く言葉が出ていない子どももいました。

11年間、そういった子ども達に対してレッスンをし、言葉の改善を図ってきました。※言葉が出ない子どももいました。

様々な相乗効果があると思いますが、改善のキッカケの一つになっていたと思います。

今回は、言葉が遅れている子どもに対して私がしてきたアプローチ方法や変化、結果をお話したいと思います。

言葉の遅れる原因

一般的に、原因はいくつかあると言われています

聴覚に問題がある。

難聴や聴覚障害がある場合は、言葉を習得するのに難しさが出てきます。

言葉の理解力に問題がある。

脳の処理の問題で、言葉の意味を理解できないと言葉が蓄積されていかないため、言葉の遅れが生じます。

言葉の表出が遅れている。

言葉の意味は理解しているものの、何らかの理由で言葉が出るのが遅れているだけということがあります。

3歳までは言葉が出なかったが、3歳になると突然喋りだすという話しはよく聞きます。

発達障害など脳の機能に問題がある。

発達障害の場合は言葉の遅れが目立ちますが、他者との関わり方といったコミュニケーションの発達も観ていく必要があります。

注意点として、発達障害のある全ての子どもに言葉の遅れがあるわけではありません。

アスペルガー症候群の子どもはむしろ言葉が早かったりします。

指導方法について

指導する前にアセスメントをとります。そして実際子どもを観てから指導に入ります。

状況確認

全ての子どもに対してですが、まずは現在の子どもの状態を知る必要があります。

そのためには、子どもと一緒に遊びながら観察します。

観察のポイントは以下のようにしていました。

・何に興味を持っているか

・何を持った時に口を開けるしぐさが出るか

・人(私)を見ているか

・動きの真似ができるか

・意識して一つの物をジッと見れるか

アプローチ
模倣トレーニング

人の真似をするという意識は言葉を習得するにあたって、非常に重要な要素です。

そのため、真似ができない子どもは徹底的に真似ができるよう働きかけます。

見る・聞くトレーニング

そこがクリアしている子どもに対しては、見る・聞くトレーニングをします。

例:色々な方向にあるフラッシュカードを意識して見る、1分間ノートに落書きをする

最初は慣れないことをやらされるので、とても乱れます。離席、物を投げる、机に落書きなどはよくありますが、毅然とした態度で、根気強く取り組むと変化が起きます。

その変化が見える時期は子どもによって様々ですが、経験上、遅くても1年以内に何かが変わりました。早くて1ヶ月というのもありましたが、稀です。

変化

第一段階。

落ち着いて課題に取り組む姿を見られるようになる。

第二段階。

意識して指示された物を見続けられるようになる。

指導者が言った3単語を復唱できるようになる。

第三段階。

口頭による問題を正確に答えられるようになる。

例文:「白い花が咲きました」→「何色の花が咲いたかな?」

答え:白色

実はこの「白色」とピンポイントで答えられるようになるまでには、時間がかかることが多いです。

よくある回答が「白い花が咲きました」or「白い花」です。

質問に対して、ピンポイントで答えるのは、言葉が遅れている子どもにとっては、とても難しいことなのでしょう。

結果

変化が表れてくる(第二段階ぐらい)同じ時期ぐらいに、「園で落ち着いて座れるようになった」「集団行動ができるようになった」というお話はよく聞きます。

第三段階となると、言葉による意思表示がもっとはっきりしてきます。

「イヤ」程度ではなく、「○○したくない」「○○してください」等のレベルです。

子どもによっては、それ以上の言葉を言うケースもありました。

「○○やから、○○したくないねん」と理由をつけて意思表示した時は驚きました。

そこからどう伸びていくかは、子どもが持っている能力や人・環境次第だと私は考えています。

どういう人に巡り合えるかは運の要素がありますが、環境を見つけることはできます。

ぜひ、子どもに合った環境を見つけてあげてください。

 

どういう環境が良いか分からない、迷いがある時は、一度当教室にお越しください。

子どもの様子やお話を踏まえて、アドバイスをさせて頂きます。

関連記事

  1. 羊毛フェルト初心者のための作り方
  2. 成功体験を積むための実践例
  3. 発達障害の子供も興味を持つ方法
  4. 就労支援で障害者が納得できる人生を歩めるために
  5. 大阪にあるパルクールの教室に行ってきました【大阪市港区波除】
  6. 見ることは情報を正確に捉える上で欠かせない
  7. チャレンジは心が育つだけじゃない ASD編
  8. 発達障害と言葉のトレーニング

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ひだち教室 Facebook

PAGE TOP