サイコロの旅~関西で水曜どうでしょう~

水曜どうでしょうが好きなひだち教室長の安藤です。

数年前に、地下鉄を利用したサイコロの旅をしました。

今回は、近畿全域を対象としたサイコロの旅のお話しです。

サイコロの旅ルールは下記のようになっています。

・1~6の欄に観光地や店名を書く

・均等にサイコロを振る人を決める

・決定は全てサイコロに委ねる

・どんな事があっても、決定には従う

サイコロの旅を始めた理由

「昔、サイコロを使って地下鉄巡りをせんかったけ?」

ある生徒と会話をしている時に、そんな話が出てきました。

どうやら、あの時の楽しさを覚えているようでした。

当時は高校生だった生徒。

今は大学生なので、私はレベルアップした内容にする必要性があると考えました。

そこで、近畿全域を対象としたサイコロの旅をしようと画策。

青春18切符を使用すれば、移動費は節約できます。

これなら可能と考え、サイコロの旅を決行することにしました。

サイコロの旅にはどういう意義があるかは、後日別ブログにて記述します。

サイコロの旅スタート!

サイコロの旅参加者は、大学生の3人。

E君、F君、そしてサイコロの旅初体験のL君です。

流れをしっているE君とF君にはそれほど不安はありません。

L君はよく分かっていないので、不安しかない様子。

そんな不安なL君のために、E君とF君は記念すべき第一投を任せました。

京都、大阪、滋賀、奈良、和歌山の内、どこで活動をするかを決めるというもの。

L君は二人に勧められるがまま、サイコロを振りました。

その結果、大阪で活動をすることになりました。

大阪はE君とF君の地元なので、私は少し不満でした。

でも、メリットはあります。

泊まる所に困らない。

一泊二日の活動なので結構大事な要素です。

その後、以下のサイコロを振りました。

・観光する場所

・昼食のカテゴリー

・カテゴリー決定後に店を決める

昼食のカテゴリーはご当地グルメに決定。

私の思惑通りの結果に、とても嬉しかったです。

1日目の昼食は串カツ!

大阪のご当地グルメは数多くあります。

生徒達はスマホを活用して調査。

そして、上記の画像のように記述しました。

その結果、七福神という店名の串カツ屋になりました。

私も生徒達も行ったことのない店。

ここの店ではソースをかけるスタイル。

本場の串カツを食べられて、私達は満足しました。

人気スポットの海遊館

観光スポットは、水族館というカテゴリーから選択。

そこから、6つを記述しました。

なんで吹田市役所?と思われるかもしれません。

それは一度考えてみてください。

後日、別ブログにてお答えします。

サイコロを振った結果、海遊館になりました。

私は内心、「お金かかる~(泣)」と思いましたが、仕方ないですね。

サイコロに全てを委ねているのだから。

L君は海遊館が大好きだから、とても喜んでいました。

L君の提案で、海遊館の裏側を観ることになりました。

E君とF君も裏側は観たことが無かった様子。

上から観るとまた違った光景が広がっていて、実に面白かったです。

スーパー銭湯で疲れをとろう

入浴所は、スーパー銭湯の喜多の湯。

志紀駅の近くにある銭湯です。

志紀駅という駅は初めて知りました。

サイコロの旅をしなければ、知ることがなかったでしょう。

銭湯で疲れをとった私達は、夕食を決めるサイコロを振りました。

夕食はイタリアン

夕食はイタリアン。

近辺を探すと、一件しかありませんでした。

店の名はオステリア・イル・カント。

もっちりしたパスタが特徴で、非常に美味しい。

お腹は膨れましたが、こんな思いが頭の中で浮かびました。

「米を食べたい・・・・」

朝から一度も米を食べていないのです。

初めてのネットカフェ

旅館、ビジネスホテル、割高ホテル、ネットカフェ、カプセルホテル、カラオケ。

その中から選ばれたのは、ネットカフェ。

快活クラブで寝ることになりました。

E君とF君は人生初のネットカフェ。

不安よりも、期待の方が大きかったようです。

因みに、L君は翌日バイトがあるため途中解散しました。

それぞれ個室に入り、思い思いの過ごし方を開始。

翌朝、私はあまり眠れなくてフラフラ。

反対に、生徒達の表情は明るかったです。

E君「ネットカフェ最高やわ!」

F君「ここは楽しい」

ネットカフェを大絶賛していました。

その理由は別ブログにて後日書きます。

スタバで朝食

朝食はスタバ。

正直言うと、私はスタバが苦手です。

私は緊張しながら注文しましたが、生徒達は緊張することなく注文していました。

私はサンドイッチを食べながら、「米を食べたい・・・・」。

この思いで頭がいっぱいでした。

E君とF君「昼はご飯を食べたいな」

どうやら、生徒達も同じ思いなようです。

次こそ米を!

ドライフラワーサシェ作り

手作り体験は、ドライフラワーサシェ。

生徒達はよく分からずに選択肢の中に入れ込んだら、それになったという状況。

LaLaPoという店で体験しました。

とてもオシャレな店で、ドライフラワーが天井いっぱいに飾られています。

ワックスを専用の型に流し込み、ドライフラワーを置いていきます。

最後に、好みのアロマオイルを流し込んで完成。

インスタ映えしまくりの作品ですね。

喜びの中華料理

待ちに待った昼食は、中華料理に決定!

これで米を食べられる。

思わず全員でガッツポーズをしました(笑)

地下街にある珉珉という有名中華店。

私達は久しぶりのご飯を噛みしめながら食べました。

E君「やっぱり日本人は一日一回はご飯を食べないとな」

E君のそんなセリフに、私とF君は強く同意しました。

最後は青春している気分

最後の行先は、まさかの神戸。

終了時間までそれほど時間がなかったので、結構ギリギリです。

神戸ハーバーランド公園をゴールに設定し、神戸駅からひたすら歩きました。

途中何度も迷子になって、30分は歩いたと思います。

公園に着いた頃には、太陽がだいぶ西に傾いていました。

私達は公園のベンチに座って、雑談しながらしばらく海を眺めました。

なんか青春をしている気分です。

それから、今回の活動の反省会をして、大阪駅で解散となりました。

E君「楽しかった。特にネットカフェは新しい世界を知れたわ」

F君「もっと範囲を拡げてやってみたい。次は四国とか」

二人とも、とても楽しかったようです。

他の活動では、何をするかは予想できる。

しかし、今回はどうなるか全く読めない。

不安はあるが、読めないから楽しいとのこと。

また、四国でやってみたいですね。

ひだち教室では、生徒の「やってみたい!」という気持ちを大切にし、新しいことにもチャレンジしてもらいます。やってみて初めて気づくこともあり、新しい世界を知るキッカケになるようサポートしています。

活動に関するご質問、お問合せもお気軽にどうぞ。

>>>お問合せフォームへ

関連記事

  1. ヤンマーミュージアム長浜で体験学習
  2. 見晴らし工房で田舎暮らし体験【奈良県宇陀市】
  3. ひらぱーでチャレンジ!~経験は不安を打ち消す編~
  4. 釣堀アクアヘヴン~釣り初心者が笑顔になる場所~【滋賀県大津市】
  5. 日本の鬼の交流博物館【京都府福知山市大江町】
  6. 京都でサイクリング~頭の中をリセットしよう~
  7. 六ツ矢崎浜オートキャンプ場でBBQ【滋賀県高島市新旭町】
  8. 武田尾廃線跡のハイキングコース【生瀬駅→武田尾駅】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ひだち教室 Facebook

PAGE TOP