発達障害と仕事~イベント設営と撤去作業編~

早く終わるから撤去作業が好きなひだち教室長の安藤です。

ひだち教室のレッスンの一つに、生徒と一緒にバイトをするというのがあります。

色々な現場で共に働くことで、こういう仕事してたら、生徒はこういう反応をするんだ。

という場面も沢山見てきました。

前回までは、下記の仕事についてお話ししました。

>>>ゲーム制作編の記事

>>>車の見張り番編の記事

>>>工場編の記事

>>>倉庫整理編の記事

今回は、イベント設営と撤去作業をした時のお話しです。

見聞きした情報から考察

私が経験した情報も踏まえて、下記のことを書こうと思います。

・どんな困難が予想されるか

・どうすれば続けられるかを推測

・一緒に体験した生徒の感想

お子様の将来の参考になると良いなと願っています。

※私の体験談と個人的な見解です。

※ASD、ADHD、LDといっても、タイプは様々なので、全ての人に該当するわけではありません。

イベント設営と撤去作業

イベント設営と撤去は、簡単に言うとやることが逆。

ただ、かかる時間が全然違います。

設営の方が圧倒的に長い。

設営はやることが多く、少し複雑。

撤去はやることが多いけど、やることが明確。

これまで、生徒達と何度となくイベント設営&撤去作業をしました。

予想される困難

【ASDの場合】

・「あそこ」「さっきの所」等、具体的な指示がないことが多いので、戸惑う

・何をしたら良いか分からなくなる

・何をしたら良いか分からないので、動きが止まる

・安全靴は普通の靴と感覚が違うので、不快に感じる可能性がある

・教えてもらっても出来ないことがある

・自分ルールが発動して揉める

・誰に対しての指示か分かりづらく、注意を受けやすい

・上手く身体を使えないと少し重たい物を運べない

・様々な所に注意を払うのが苦手なので、注意を受けやすい

イベント内容によって使う物も設営方法も違います。

それ故、流れを理解するまでに時間がかかるでしょう。

【ADHDの場合】

・指示を聞き間違い、注意を受ける(嫌味含む)機会が多い

・色々な所で声や作業音が聞こえてくるので、注意が散漫になりやすい

・物をぶつけてしまう&物にぶつかってしまう

続けるために必要なこと

パネルの設置、机やイスを並べるといった作業内容が多い。

作業自体は難しくないので、作業をしながら覚えられると思います。

ただ、筋力的にどうしても無理な物もあるでしょう。

大まかに、言語性、社会性、環境と能力から考えてみたいと思います。

言語性

【道具などの名称を記憶する】

高い言語力は求められませんが、馴染みのない名称が飛び交います。

私が最初戸惑ったのは、「スケール」「養生テープ」。

「メジャー」で覚えていたため、「スケール」と言われた時は本当に分からなかった。

「養生テープ」は、ガムテープのことかと思っていたら、違いました。

社会性

【指示された内容の確認をする】

漠然とした指示が多いので、指示の内容を確認する作業が必須。

これが出来ないと間違い、迷惑をかけてしまいます。

確認作業が自然と出来ると、随分楽。

【挨拶ができる】

社会人としては基本です。

【分からないことを自ら聞ける】

分からない事だらけなので、自ら質問をしにいく力が必要です。

特に設営はわかりずらい。

【「ありがとう」を言える】

手伝うこともあれば、手伝われることもあります。

簡単な事(例:テープを貼る時に支えてくれた)でも言えることは大切です。

【流すスキルを身に着ける】

厳しく注意を受けるケースはよくあります。

引きずると、その後の作業にも影響が出やすい。

ミスやケガにも繋がるので身に着けたいところ。

【愚痴を言う】

注意を受けた時やミスした時は、すぐに誰かに話す。

それだけでも、随分心の切り替えがしやすいです。

私が生徒達と働く時は、愚痴をすぐに吐くように伝えています。

【「うっさいんじゃボケ!」は効果的】

流すスキルが身に着いていない。

愚痴を言える相手がいない。

そんな人は、「うっさいんじゃボケ!」

を心の中で言いましょう。

結構心を切り替えられます。

【助けをこう】

一人で運べない物(例:大き目のテーブル)等を運ぶように指示されることがよくあります。

その時に他のスタッフに手伝うようお願いをできないと、大変苦労します。

むしろ、現場責任者に「1人でやったら危ないやろ!」

と、厳しく注意を受けます。

助けをこうスキルがいりますね。

【水を飲みたいと伝える】

簡単そうで言いにくいです。

何故なら、他のスタッフを見ていると、水を飲んでいるシーンをあまり見かけないから。

そこで悪いと思い、我慢すると体調が悪くなります。

実際、私は最初の頃言えなくて、熱中症で運ばれたことがあります。

勇気を持って言えたいですね。

環境と能力

【指示が分かりやすい人の近くに極力いる】

指示が分かりにくい人もいれば、分かりやすい人もいます。

指示が分かりやすい人の近くに出来るだけいると良いです。

【急な変更に対応できる】

ASDの人は急な変更はとてもしんどいですが、時々違う作業を頼まれます。

ただ、急な変更ほど丁寧な説明をしてもらえることが多い。

【紐を結べる】

棒を束ねて、紐で結ぶという作業は色んな現場でよくあります。

紐を結べるようになっておきたいところ。

【楽する方法を考える】

重い物を運ぶ時に筋力があると良いです。

でも、それ以上に大切なのは、楽に運べる方法を考えること。

重い物を沢山運ぶケースが多い。

瞬間的な力よりも、疲れずに持続して運べることが大事。

楽する方法を思いつくと、周りから賞賛されます。

【経験が役に立つ】

色々凹むことがあるが、1~2年もすると動きが分かってきます。

出来なかったことが出来るようにもなります。

生徒の体験談と感想

 

「意外と出来る」

ある生徒は働くことに自信がついた様子でした。

「もっと効率的な指示の出し方があるやろう」

普段から効率性を求めている生徒は、私に愚痴っていました。

頑張り過ぎる生徒は、出来ないのに頑張る様子が何度も見られました。

頑張る事は大事だが、人に助けをこうスキルが必要ですね。

私が指示を出すケースも多いので、比較的やりやすいと思います。

私がいる内に、動き方等をしっかりと学んでもらいたいですね。

いずれ、1人で現場に入ってもらおうと思っているので。

関連記事

  1. 発達障害者とアルバイト
  2. 中国の歴史は漫画や小説、ゲームから覚える方が楽です
  3. 発達障害のある子供が成功体験を積むための実践例
  4. 味覚がおかしいと言われることはありますか?
  5. 手作り体験はヒッコリーチャームがお勧め【滋賀県大津市】
  6. 過換気症候群の治療
  7. 発達障害と環境~最終的に大切なのは?~
  8. 会話が苦手な人がやってしまいがちなこと

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ひだち教室 Facebook

PAGE TOP