見ることは情報を正確に捉える上で欠かせない

当教室のプログラムの一つに、『見る・聞くトレーニング』というものがあります。

トレーニング課題はいくつもありますが、その内の一つをお話したいと思います。

発達障がいのある人の中には、正確に情報を捉えられない方がいます。その人は視力に問題なく、普通に見えています。

しかし、ちゃんと見ていない。

症状として表れやすいのが、絵を描けない、字を上手く書けないといったことが挙げられます。

今回は、ASD(自閉症スペクトラム障がい)の小学6年生に見るトレーニングをした事例です。

ワニのイラストを描こう

ワニの絵を正確に描こうという課題です。

誤解のないように申し上げますが、決して絵を上手く描けることを目指した課題ではないです。

あくまで見た物を正確に捉えるトレーニングです。

一人でやると

最初は指導することなく、一人で見ながら描いてもらいました。すると上の写真のようにワニには見えません。

足という認識が薄いのか、ヒレのようになっています。

また、背中の模様部分は、模様自体は認識できているが位置が間違っています。

いかに見ることに難があるかが分かります。

指導を受けると

何も知らない人が見ると、「先生手伝ったでしょ?」とよく言われます。

しかし、何も手伝っていません。言葉がけのみです。

間違いを指摘し、どういう形をしているか、どういう風にしたら正確に描けるかを指導しました。

すると、上のように正確に形を捉えられるようになり、私が予想していた以上に上手く描き上げました。

製作時間は描きで17分、塗りで7分かかりました。苦手なことなのに、最後までよく頑張りました。

指導の仕方

手を出さずに言葉がけのみで指導をした理由は、子どもの手を持ってやらせるよりも、

短い言葉がけの方が理解しやすいタイプだったからです。

手を持ってやらせると、人に頼り過ぎてしまい、逆に正確に形を捉えようという意識が薄れ、逆効果でした。

言葉がけの方が理解しやすいといっても、注意点がありました。

言語能力は高くなかったので、子どもが理解できる範囲の単語を使う必要がありました。

言葉自体は知っているが、意味は理解していないということが多々あったので、理解している言葉を見つけるのに一苦労でした。

また、意外な単語を使うことで上手く理解できるようになるというケースもありました。

例えば、ワニの背中が湾曲しているところを教えるのには、「カーブしている」、「背中が曲がっている」

という言葉は理解できませんでした。

何て言ったら理解できたと思います?

実は「丸い【く】」でした。

全体像を何となく見えていたから理解できたのだと思います。

このように、子どもに合った言葉がけをすると、一気に理解力が高まることがあります。

他の子どもと同じ言葉がけをして理解を図るのではなく、その子どもに合った言葉がけをして理解を図っていきたいですね。

関連記事

  1. 対応力を身に着け、向上する方法
  2. 素早く行動するには、できないことも知っておく
  3. ストレス発散の旅
  4. ソーシャルスキルトレーニングはゲームを活用しよう
  5. 自閉症スペクトラム障害の人が職場内での人間関係で疲れないようにす…
  6. チャレンジは心が育つだけじゃない ASD編
  7. 対応力が身に着くと、仕事や日常生活能力が向上してくる
  8. 人柄が良いことは重要です

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ひだち教室 Facebook

PAGE TOP