東寺の弘法市は時間をかけて見てまわろう【京都市南区九条町】

奥さんは毎年行っているのですが、私はなかなか時間がなくて行くことがなかったのですが、今年は時間ができたので、ついに行くことができました。

空海の月命日(ご縁日)に行われる弘法市とは

弘法市は、真言宗の開祖である弘法大師空海の月命日である毎月21日に開催されます。

弘法市では1000店以上もの出店が立ち並び、お祭り気分に浸れますが、お祭りと違うことがすぐに分かります。

12月の終い弘法と1月の初弘法

弘法市は毎月21日に開催されており、1月は初弘法、12月は終い弘法と呼ばれ、他の月と比べると賑わいが段違いです。

昔は空海の命日である3月21日にのみでしたが、1239年以降は毎月開催されるようになったそうです。

これほど長く続くとは、いかに人々に親しまれているかが分かりますね。

さて、私が行ったのは12月の終い弘法です。

奥さんからは、毎年参拝者や観光客の数がすごいと聞いていました。それを覚悟して行ったのですが、11時頃という少し遅い時間帯ということもあって、思ったよりも参拝者や観光客は予想よりも少なかったです。

9時頃に行くと気が滅入るぐらい凄い人手だそうです。

毎月出店や屋台でいっぱいです

東寺の外側にも露店が並んでいます。

骨董品も扱われていて、目利きのある(?)客がマジマジと見て購入していました。

高級そうなものも数多くありました。

6800円という値札がついた鞄等があり、露店でそんな高い物が売られているのは初めて見ました。

石碑の前にサギがおり、全く動かないので石像かと思って視線を変えようとしたら、動き出したので驚きました。

古代のガラスや天然石を扱った店です。

翡翠色でとても綺麗です。

南大門から入りました。

客層を見ると、お年寄りが断然多いです。客層を見るだけでお祭りとは違うことが分かります。

奥さんに案内されるがまま進むと、修行大師像がありました。

その周りにたくさんの参拝者が集まり、手を合わせていました。

ゆっくり手を合わせたかったのですが、次々と人がやってくるので、ゆっくりは出来ませんでした。

奥さんの用事が済んでからは、屋台巡りです。いやはや物凄い人です。

これで少ないというのだから、早い時間帯だったら身動きがとれなかったことでしょう。

屋台を見ると、お祭りでは見ないような屋台が多く、お年寄りをターゲットにしているのが一目瞭然でした。

丹波の干し柿。

一袋1000円と少し高く感じますが、量と質を考えるとおそらく安いのでしょう。

熨斗するめ。

こんな漢字は初めて見ました。これで熨斗(のし)と読みます。

するめが屋台で売られているとは、好奇心旺盛な私にとってはたまりません。

迷わず、甘い味のするめを購入しました。

期待を持って食べましたが、紙を食べているような食感でした。

味は噛めば噛むほど甘味が出てくるのですが、正直食感が私には合いませんでした。

うなぎのかば焼き。

安いので1900円、特大で2900円。屋台でこの値段の食べ物が売れるのか?と思っていたら、目の前で売られていくのを見ました。お年寄りってやっぱりお金を持っています。

お漬物。

上賀茂名産のすぐきは美味しいけど、高いで有名なお漬物。

他の漬物の屋台では、豪快に巨大バケツの上に置かれていました。まるで外国の屋台のようです。

快頭ずきんという珍しい物が売られていました。ターバンキャップとも言うそうです。

キャップ、ターバン、ヘアバンドの代わりにもなるという便利な頭巾です。

パンダ柄がカワイイですね。これはUSJ等のアミューズメントパークに置いたら売れそうな気がします。

焼印。

おじいさんに大人気で、人だかりができていました。

私は焼印=奴隷or動物というイメージが強いので、一体現代ではどういう事に使われているのか気になるところ。

木製のボタンや木製の食器類。

色んな種類のボタンがありましたが、そんなに売れるものなのでしょうか?

まあ、売れるから置いてあるのでしょうが・・・。

木製の食器は手作り感があって、良いですね。

なかがわ養蜂場でとれたはちみつ。

はちみつは基本美味しいですが、なかがわ養蜂場は特に美味しいので有名です。

ワンちゃん、ネコちゃんの肉球のお手入れにも使える商品があり、とても気になりました。

私の犬は嫌がりはしないが、舐め続ける情景が容易に浮かんだので買うのを控えました。

甲賀の里のよもぎもち。

食べ歩きもできるとあって、行列ができていました。

よもぎもちが陳列されているすぐ側の缶コーヒーがすごく気になりました。

食感は適度な硬さで、モチモチしていました。

中の粒あんは控えめな甘さで、食べやすかったです。口周りにきな粉がつくので、要注意。

竹炭を使った商品。

フェイスシャンプーのを使ったことがありますが、確かに汚れがゴソッととれます。

水虫が消えた、頭に毛が生えた、シミが消えた等の感想が書かれた張り紙がありました。

これが実証できたら、ノーベル賞ものです。ぜひ、実証して欲しいです。

伏見稲荷の七味唐辛子。

奥さんが弘法市に来る度に購入します。私は違いが分かりませんが、奥さんいわく、全然質が違うそうでう。

辛党の方はご賞味あれ。

反物や着物。

結構乱雑に置かれていましたが、購入者は多かったです。

というのも、破格の値段で売っていたからです。

野菜。

弘法市で一番印象に残った屋台は、野菜です。

採れたて感満載の野菜類がとんでもない値段で売っていました。

こんなに大きい白菜が100円、あわじ玉ねぎが一盛100円、万願寺唐辛子が一袋100円とありえない値段で売っていました。

気持ち的には買いたかったですが、抱えて持ち帰ることはしんどいのでやめました。

そう考える人は意外と多いようで、私の隣で見ていたお年寄り達も「欲しいけど、持って帰れないわね~」と喋っていました。

アクセスと地図


JR:京都駅から徒歩15分。

京阪線:近鉄東寺駅から徒歩10分。

駐車場はありますが、弘法市の時はすぐに埋まります。

市バス:市バス16,19,42,71,78で東寺西門前、東寺南門前、東寺東門前のいずれかに着きます。

ただし、弘法市の時は、当時東門前のバス停は運転を見合わせることがあるので、注意が必要です。

関連記事

  1. 毘沙門堂門跡は紅葉と桜の名所【京都市山科区安朱稲荷山町】
  2. 長等神社のお祭り【大津市三井寺町】
  3. 日向大神宮の紅葉とパワースポットで心身を癒そう【京都市山科区日ノ…
  4. 近江神宮とちはやふる【大津市神宮町】
  5. 笠置寺の磨崖仏(まがいぶつ)は感動の一言!!【京都府相楽郡笠置町…
  6. 長安寺にある石造宝塔は素晴らしいです【滋賀県大津市逢坂】
  7. 幡枝八幡宮は刀工堀川国広ゆかりの神社です【京都市左京区岩倉】
  8. 三千院と周辺の見どころ【京都市左京区大原来迎院町】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ひだち教室 Facebook

PAGE TOP