チャレンジは心が育つだけじゃない ADHD編

当教室には、チャレンジ体験/協同活動というプログラムがあります。

分かるような、分からないような・・・そういう感想を持たれる方が多いのではないでしょうか?

まずはチャレンジする意味について触れ、ADHDとASDの子どもがチャレンジしない要因、その後プログラムについてお話したいと思います。

長くなるので、3回に分けて投稿します。

チャレンジする意味

チャレンジすることで『心が育つ』と言われています。しかし、それだけではないです。

チャレンジすることで様々な場面での『選択肢』が増えると私は考えます。

様々な場面というのは職業の選択だけでなく、余暇の過ごし方、人とのコミュニケーション、協同作業、急な場面での対応、旅行の計画を考える時等です。

『選択肢を増やす』=『子どもの可能性が拡がる』 私はこのように考えています。

発達障がい(疑い含む)のある子どもにチャレンジする機会を

長年、発達障がい(疑い含む)のある子どもと関わっていると、チャレンジする気概が薄く、チャレンジする機会が少ないと感じています。

何故そう感じるのか。環境による要因と障がい特性による要因が考えられるのですが、

ADHD(注意欠陥多動性障がい)とASD(自閉症スペクトラム障がい)とでは事情が違います。

ADHDの場合

※ADHD全ての人子どもが当てはまるわけではありません。

ADHD(特に多動の強いHDDタイプ)の子どもは特性故に色々なことに興味を持ち、チャレンジしようとします。

しかし、色々な事に興味を持つものの持続しない、突拍子もないことをして危なっかしいため、保護者や指導者に幾度となく止められ・叱られてしまい、

自尊心が著しく低下していき、チャレンジすることがバカバカしくなるというケースがよくあります。

このように、本来ADHD(特に多動の強いHDDタイプの子どもはチャレンジをしようという気持ちがあるものの、特性故に危なっかしい行動もしてしまい、結果、人という環境によって遮られてしまう。そうしてチャレンジする心や機会が失われていきます。

見方を変えてみましょう

多動の強い子どもは、保護者としたら何をしでかすか分からないから怖いと思います。

しかし、裏を返せば、色んな事に興味を持ちやすく、行動に移せるタイプでもあります。そして、そういうタイプは不思議な魅力を発揮し、

集団が形成された時には中心的存在になりやすいです。

いずれそうなる可能性があると考えると、何でもかんでも止めて叱るのはどうでしょうか?

私はある程度の安全が保障されていて、他人に迷惑がかからないというものなら、チャレンジさせた方が良いと思います。例え突拍子もないことでもです。

興味を持った事にどんどんチャレンジさせてください。それは自己肯定感を高め、親子関係にも好影響を及ぼします。

色々なことにチャレンジさせたいけど、なかなか難しいと悩まれている保護者様、ぜひ当教室にお越しください。

多種多様なチャレンジをする機会を当教室では提供していきます!

関連記事

  1. 自然の中で馬と生活
  2. トランポリンが発達障害児にもたらす効果とは
  3. 誤解されやすい人
  4. 自己肯定感を高める方法
  5. 就労支援で障害者が納得できる人生を歩めるために
  6. 正義と悪の違いを教えるのは簡単なようで難しい
  7. 言葉を理解できないと感じたら言い方を変えてみよう
  8. 発達障害の子供も興味を持つ方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ひだち教室 Facebook

PAGE TOP