サイコロの旅~実はこんなことがありました後編~

サイコロの旅が好きなひだち教室長の安藤です。

「サイコロの旅は面白かった」

生徒達はそのような感想を言っていました。

確かに生徒達は楽しんでいました。

でも、私はただ楽しいだけでは活動をしません。

ねらいを持って活動をし、それが生徒達の糧になるよう働きかけもしました。

前回はサイコロの旅前編をお話ししました。

>>>サイコロの旅前編

今回は後編です。

サイコロの旅をする意義

前編にも書きましたが、再度ねらいを記述します。

サイコロの旅は非日常な活動ですが、同時に日常的な活動と言えます。

求められる知識やスキル等は日常生活で頻繁に使うからです。

サイコロの旅をするにあたって、私は下記のねらいを設定しました。

・知らない世界に触れる

・社会性を養う(例:折り合いをつける)

・調べるスキルを養う

・違う視点から物事を考えることを知る

・勇気を出して行動をする力を養う

・「ま、いいか」精神を身に着ける

・共感力を高める

長い付き合いのE君とF君は、上記のいくつかはクリアしています。

しかし、付き合いの短いL君は全て難しさがあります。

L君は今回の活動で色々と困り感や苦労が発生すると予想。

そして、その予想が的中した活動となりました。

初めての場は不安が強くなる

E君とF君は宿泊活動。

L君は翌日にバイトがあるということで、途中で解散する予定。

スーパー銭湯で入浴したL君は、1人で最寄りの駅へ向かうことになりました。

ところが、不安な様子を見せるL君。

初めての場所なため、1人で駅に向かうことが出来ないとのこと。

ASD特有の不安が出ているようですね。

ASDの人は1人で出来る能力があっても、不安によって出来なくなることはあります。

本来なら私は生徒を勇気づけて1人で向かわせるのですが、まだその段階に来てないと判断。

寄り添いを重視して、一緒に最寄り駅まで行きました。

その間、L君は安心した表情をしていたのが印象的。

もっと強い信頼関係を構築したら、背中を押していきたいですね。

ニョッキの食べ過ぎにご用心

夕飯はイタリア料理。

スーパー銭湯から一番近いお店を探すと、八尾駅にありました。

生徒達は定番のパスタ料理を注文。

私はニョッキを注文しました。

ニョッキとは、ジャガイモと小麦粉を団子状にしたパスタ料理。

私は食べた事がないので、楽しみです。

ニョッキと聞いたF君は、少し怪訝そうな顔をしました。

F君:「ニョッキはキツイですよ」

その時私は「はい?」と思いましたが、数時間後に彼の言葉を理解しました。

ニョッキ料理はとても美味しかったです。

しかし、食べているとすぐに飽きがきました。

F君が言っていたのはこれかと思いましたが、違います。

数時間後、私は猛烈な腹痛に襲われ出しました。

どうやら大量に食べたニョッキが、お腹の中で膨れてきたようです。

お腹がパンパンになるのを実感できるほど。

皆さまは、ニョッキの大量摂取にはお気を付けください。

人生初体験のネットカフェは最高!!

E君とF君共に人生初のネットカフェ。

生徒達はどういう所かをなんとなく理解していましたが、詳細は分かりません。

店内に入ると、生徒達は不思議な空間に驚いていました。

落ち着きなく店内を見渡す生徒達。

そこでE君はカラオケがあることに気が付きました。

E君:「俺、カラオケしてくるわ」

1人カラオケが趣味のE君の目は輝いていました。

F君はパソコンを使う予定とのこと。

E君は個室ブースに荷物を置くと、意気揚々にカラオケルームへ。

私はF君の隣のブースで、漫画を読んで過ごしていました。

しばらくすると、隣からカチカチとパソコンを叩く音が聞こえてきました。

同時に、何やらブツブツと声も聞こえてきました。

一体何を言っていたのか気になりますが、あえて聞きませんでした。

翌朝6時になり、会計を済ませて店を出ました。

久しぶりに生徒達の顔を見ましたが、実に表情は晴れやかでした。

E君:「3時ぐらいまでカラオケをしちゃいました(笑)」

F君:「パソコンをずっといじってました」

E君:「ネットカフェ最高ですね!」

F君:「初めて利用したけど、なかなか良かったです!」

E君とF君:「ネットカフェに泊まるのは全然アリですね」

二人の表情を見ると、忖度なしの感想だなと分かりました。

新しい世界を知ることができて良かったです!

青春していると実感できた時間

最後に向かった観光地は、神戸。

神戸ハーバーランド公園をゴールに設定。

一時迷子になりましたが、私達は無事ゴールにたどり着きました。

私たちは近くにあったベンチに座り、一息を入れてから反省会開始。

私:「今回のサイコロの旅はどうやった?」

F君:「面白かったですね」

E君:「面白かった。特にネットカフェが良かった!」

F君:「次はもっと広範囲でやってみたいですね」

私:「例えば?」

F君:「四国とか」

E君:「いいね~」

三人で海を眺めながら談笑しました。

今回の活動の話だけでなく、昔の活動の話、未来の活動の話なんかもしました。

夕陽が良い感じに私達を照らし、青春しているなと感じました。

本当に素晴らしいひと時で、私は内心泣きそうでした。

ASDの人は雑談が苦手とよく聞きますが、思い出を共有していたら雑談は出来ます。

この時間、この瞬間は、それを凄く実感できました。

他の生徒達とも、このような青春している雰囲気を味わいたい。

そう強く思いました。

関連記事

  1. 琵琶湖花火大会 2018
  2. 水鳥観察センターから鳥の仕草を眺める【滋賀県高島市新旭】
  3. 水生植物公園みずの森には図鑑を持っていこう【草津市下物町】
  4. 海津大崎の桜は開花情報を確認してから向かおう【滋賀県高島市マキノ…
  5. 旅の里火山展望台は印象に残る観光スポット【鹿児島県鹿児島市黒神町…
  6. 大阪国際会議場の特別支援教育士資格更新必修研修会に参加してきまし…
  7. ひこにゃんは日々多忙なスケジュール【滋賀県彦根市(彦根城)】
  8. ペットも楽しみな宿~のはらペンション~【長野県諏訪郡原村】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ひだち教室 Facebook

PAGE TOP